気がする。

板に乗ったり買い物したり本読んだり子育てしたような気がする。

フランス人は10着しか服を持たない を読んだ感想

最近は家の近くに来る移動図書館で本を定期的に借りるスタイル。今週は前にタイトルだけ聞いて読みたいなーと思ってた一冊。 カルフォルニア出身の著者が学生時代、パリに半年留学した際にお世話になったホストファミリーが実践する、生き方、考え方に感銘を…

読んだ本メモ: 東京貧困女子、ケーキの切れない非行少年たち

感想書くほどしっかり読めてないけど、読んだ本メモ。 東京貧困女子:自分の状況も一歩間違えたらすぐそうなると思った…自分が踏ん張るのもそうだけど、他者に寛容になって、少しでも助けられるような行動をしたい。 東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか…

生きがいについて を読んだ感想

だいぶ読むペースが遅くなってしまった。今回はずっと読みたかった、神谷美恵子の生きがいについて を読んだ感想。 んーー。一つ一つの言葉がとても力強くて、よかったなあ。精神を豊かに生きたいと思いました。生きがい、っていう曖昧だけど、とても大事だ…

なぜ欧米人は平気でルールを 変えるのか を読んだ感想

DMM電子書籍セールで買ったビジネス書シリーズ。 ルールや制約って何のためにあるのか?それとどのように付き合っていけば良いのか。を考えるきっかけになったなー! ルールとプリンシプル(流儀、信条みたいな)の違いから始まって、自分のプリンシプルはなん…

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 を読んだ感想

DMMの電子書籍セールで入手したビジネス書シリーズ。今回はずーっと読みたいなあと思ってた、ファクトフルネス。読んだ後はなんだか安心して、ホッと一息つけるような感覚!小説とは違うけれども、読んだ後に世界の見方が少し変わる一冊。 正しい事実に基づ…

残酷すぎる成功法則―9割まちがえる「その常識」を科学する を読んだ感想

ポジディブシンキングはキャリアを成功に導く!みたいな巷に溢れる成功哲学みたいなものをエビデンスを元に紹介している感じ。各論では最近ちょこちょこ見てたものが多かったけど、色んな観点のものをマルッと横断して知れたのはよかったなー! じゃーどうす…

オン・ザ・ロード を読んだ感想

どうしてこんなにも旅は人を惹きつけるんだろう?旅がしたい! と読み終わった時に思った。旅って、とどのつまりただある地点からある地点まで移動するということ。でもその移動に伴って生まれるできごとの話を聞くのって、どーしてこう面白かったり、自分も…

ただ波に乗る Just Surf―サーフィンのエスノグラフィー を読んだ感想

2020年最後に読んだ本はサーフィン×ジェンダーに関する本。これは今年読んだ中でハッとさせられたランキングではぶっちぎりで1位な気がする。 社会学の大学院生だった女性の著者がサーフィンにハマっていって、その過程で経験したサーファーの間に無意識に共…

生きているジャズ史 を読んだ感想

ジャズの歴史エッセイ! 大正生まれのジャズ批評家、油井正一がミュージックライフに連載していたエッセイをまとめた、「ジャズの歴史」という1959年出版されたものの文庫版(ざっくり)。 ジャズの発生から1980年代後半まで、ジャズ視点で見た歴史や社会情勢…

プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本 を読んだ感想

サーフィン、スノーボードをやっていると、どーーしても切っては切れない関係にある天気。この半年くらい海に頻繁に通うようになって、少しちゃんと勉強したいなと思い立ち、すこーしづつ読んでました。 内容は題名の通り!大きく3部構成で、気象の基本仕組…

1%の努力 を読んだ感想

今日は仕事がお休みだったので、さくっと読書。2時間くらいで読めちゃったかな。 ネットの有名人、ひろゆきが書いたビジネス書。しなくていい努力なんてしなくて良いから、人生のストレスの総量を減らして、幸せに生きようよって話。 書いてある内容は至って…

植物の形には意味がある を読んだ感想

植物の形には意味がある を読み終わった。 植物を構成する要素(花、根、葉、茎...などなど)が、なぜそのような形になっているかを紹介している本。 とても良かったのは、考えながら読むことをおススメしていること。結構細かく文章が区切られていて、こうな…

インターネットはいかに知の秩序を変えるか? を読んだ感想

2020年、1冊目。 千夜千冊に載っていて、読みたいなと思っていたところで偶然見つけて購入。 読んでいくと、人類が今までどのように情報を整理し、利用してきたか。そしてインターネットの登場により、その整理/分類と利用の仕方がで如何に変わってしまうか…

イノベーターになる 人と組織を「革新者」にする方法 を読んだ感想

タイトルがキャッチ―すぎる! 電車でカバー出して読むのちょっと恥ずかしかった。 とはいえ、中身はかなり具体的で実践的な内容だった! 会社で著者の紺野先生が講演を聞く機会があって、なんとサイン本を頂けたので読んでみた次第。 ベンチャーではなく、既…

THE CULTURE MAP を読んだ感想

異文化コミュニケーションについて、説明&考察、そしてどーしたらいいか?という本。 とても良かった〜! 8つの項目(コミュニケーションスタイル、評価、交渉、組織体系、意思決定、信頼、意見衝突、時間)のそれぞれについて、実例を用いてこんなに違いがあ…

ほったらかし投資術 を読んだ感想

私の財産告白 を読んだ感想 - 気がする。に続く、レッツ投資シリーズ第2弾! そんなにしょっちゅう株価のチェックとかしたくなくて、けど細く長く資産を運用したい…というような、いわゆる僕のようなサラリーマンのうよな人たちに向けた投資方法の紹介。 紹…

私の財産告白 を読んだ感想

ひっさびさの読書感想文! どんだけ本読んでないんだ… 本多静六という、戦前-戦後くらいの時期の大学教授が、どんな考えでお金と付き合って、生きてきたかという話。 最終的に巨万の富を築いたんだれども、実はやっていたことはシンプルで、とにかく生活が苦…

F1 全戦取材 を読んだ感想

F1全戦取材 ↑誕生日(去年)にたくさん買ってもらった中の一冊。 最近、ふとしたことでF1のことが会社で話題になり、読んでみた次第。そしてあっという間に読んでしまった。面白い! 構成としてはF1サーカスの1年間を1ヶ月ごとを1章で区切って、それぞれの章に…

面白くて眠れなくなる地学 を読んだ感想

タイトルに惹かれて購入! 面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ) こうも山とか海に行っていると、必然的に興味が気象現象とか、そういった自然方向?地球方向?に向いてくる。。 構成は海、天気、宇宙などなど….それぞれのテーマに…

おじいさんに聞いた話 を読んだ感想

ずいぶん読み終わってから時間が経ってしまった。 たくさん買ってもらった本シリーズ。 トーン・テレヘン、という著者が、ロシア革命の時にオランダに亡命してきたという経歴を持つ、自分のおじいさんから聞いた話を短編集という形でまとめた本。 この人、ハ…

Our iceberg is melting を読んだ感想

先月の沖縄出張の帰りに先輩からもらった本。 日本語題だと、カモメになったペンギン、かな。 すごい感銘を受けてて&会社でも話題になってたので、ちょーどよかった! 内容もむずかしくなくて、帰りの飛行機乗るまでに読み切れた。 内容としては、ずーっと1…

人間はどこまで耐えられるのか を読んだ感想

誕生日にたくさん買ってもらった本シリーズその1。 買ってもらってからスペイン語をかじりはじめたりとかで、やっとこさ1冊目。。 もっとバシバシ読んでいきたい。 内容はというと、どれだけ高くとか、深くとか、色んな項目ごとで、どれくらい人間が耐えられ…

MEGA TECH -TECHNOLOGY IN 2050- を読んだ感想

MEGA TECHを読んだ。 2050年に、いろんな技術がどんなもんになってるか? と、いうことを専門家の人たちが予測したエッセイ集でした。 内容はなかなか面白くて、どんどん生産技術が高度になっていくと、少量を特殊な方法(3Dプリンターとか)で、その場で作…

短編工場 を読んだ感想

短編工場という本を読んだ。 タイトルの通り、短編がたくさん。 聞いたことがある作家さんばっかりで、書き方だったり、題材の取り上げ方だったりが全然違う。 少しづつ色々楽しめる的な?非常にぜいたくな本でした。 普段、電車で本を読んでて、降りなきゃ…

バッタを倒しにアフリカへ を読んだ感想

バッタを倒しにアフリカへ を読んだ。 バッタだいすきな前野浩太郎という方が昆虫学者として一人前になるために、アフリカに渡って、色々大変だけどもおもしろいことがたくさん起きて。。。的な話だった。 読んだ後にとてもすがすがしい気持ちになった。 行…

特捜部Q 檻の中の女 を読んだ感想。

特捜部Q 檻の中の女 を読んだ。 デンマークに関する本って、どこもかしこも、しあわせなくに〜♪みたいな本が多くて、なかなかなんというかこう、リアルな市民感覚とか娯楽に触れる本があまりないイメージ。 で、ひとまずデンマーク人の書いた本を探してみた…

サピエンス全史(下) を読んだ感想

サピエンス全史の下巻を読み終えた。年が変わる前に読み終えたかった。 なんとなくキリが悪いし。。。今年のはじめてはサピエンスになってしまった。 下巻は上巻にひきつづき、現代までの歴史を、人間というひとつの生物としてどーだったか見てみるという話…

サピエンス全史(上) を読んだ感想

サピエンス全史 の上巻をやっとこさ読み終わる。 生物としての人類の歴史を振り返りながら、人間ってどんな生き物なんだっけ?と考える本。 だったはず。 人間って種としては繁殖しまくって成功したけど、個体としてはどんぐり拾ってた方がしあわせだったん…

Men Without Women  を読んだ感想

Ernest Hemingway の Men Without Womenを読んだ。出てくる人がみんなぶっきらぼうで、話し過ぎないのが良い。無言でドスッと動く感じ。 洋書だし、半分くらいしか理解できてないけども! 短編集なので勉強には良い感じ。

日本人の世界地図 を読んだ感想

普段気づかないけどいつのまにかいろんな国を違ったものさしで測っていることに気づく。